週明け13日の米国市場では、NYダウが10.50ドル高の26085.80と小幅続伸したが、ナス
ダック総合指数は226.60pt安の10390.84、シカゴ日経225先物は大阪日中比170円安の2
2540と下落した。14日早朝の為替は1ドル=107円20-30銭(昨日大引け時は106.91円付
近)。本日の東京市場では、円安を好感して任天堂<7974>に買いが予想されるほか、
トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>も朝安後の下げ幅縮小が期待できよう。また、昨日急伸
したANA<9202>やディフェンシブ色の強い第一三共<4568>もしっかりとした値動きが予
想される。ただ、ナスダック安からソフトバンクG<9984>が売られ、ファーストリテ<9
983>の連れ安も警戒される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測され
た協和エクシオ<1951>、コスモス薬品<3349>、キーエンス<6861>、THK<6481>、メニコ
ン<7780>、富士ソフト<9749>などに注目。