NY外為市場でスイスフランは介入警戒感から下落した。ドル・スイスは0.9406フランから0.9381フランまで下落し、9日来の安値を更新。ユーロ・スイスは1.0681フランから1.0700フランまで上昇し日中高値を更新した。



スイス国立銀行(SNB)総裁は14日、国際通貨基金(IMF)での講演で、為替介入やマイナス金利は不可欠だとの考えを示した。為替介入はフラン高是正のための最も効率的な手段で、ウイルスパンデミックはフランに上昇圧力を加えており、ここ数カ月、SNBは為替市場での介入をより強化したことを明らかにした。