12日の米国市場では、NYダウが289.93ドル高の27976.84、ナスダック総合指数が229.4
2pt高の11012.24、シカゴ日経225先物が大阪日中比290円高の23190といずれも上昇し
た。13日早朝の為替は1ドル=106円80-90銭(昨日大引け時は106.71円付近)。本日の
東京市場では、米国株高と円安を好感し、ソフトバンクG<9984>のほか、任天堂<7974
>、トヨタ<7203>、東エレク<8035>など大型輸出銘柄が軒並み買いを集めよう。また、
米長期金利や原油先物の上昇から三菱UFJ<8306>、野村<8604>、ENEOS<5020>なども値
上がりが期待できよう。反面、東洋水産<2875>などディフェンシブ銘柄の利益確定売
りが警戒される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された東洋水産<
2875>、マツモトキヨシ<3088>、デンカ<4061>、プロトコーポレーション<4298>、ロー
ト製薬<4527>、アルバック<6728>、堀場製作所<6856>、小糸製作所<7276>、住友不<88
30>などに注目。