13日の米国市場では、NYダウが80.12ドル安の27896.72の一方、ナスダック総合指数は
30.27pt高の11042.50。シカゴ日経225先物は大阪日中比15円安の23195とほぼ横ばい。
14日早朝の為替は1ドル=106円90-00銭(昨日大引け時は106.66円付近)。本日の東京
市場では、米ナスダック高を受けてソフトバンクG<9984>の続伸が予想され、ソニー<6
758>、アドバンテスト<6857>、キーエンス<6861>なども値上がりが予想される。米長
期金利上昇を好感して三菱UFJ<8306>、みずほFG<8411>もしっかりの展開が期待できよ
う。反面、新型コロナウイルス感染者数の大幅増加に対する警戒感からOLC<4661>、JA
L<9201>、JR東海<9022>は軟化が警戒される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き
上げが観測されたUTグループ<2146>、アウトソーシング<2427>、ZOZO<3092>、ワール
ド<3612>、イビデン<4062>、アルプスアルパイン<6770>、パンパシHD<7532>、 菱地所
<8802>、セコム<9735>、などに注目。