<円債市場>

長期国債先物2020年9月限

寄付151円72銭 高値151円74銭 安値151円60銭 引け151円62銭

売買高総計25426枚



2年 415回 -0.125%

5年 144回 -0.075%

10年 359回  0.045%

20年 173回  0.430%



債券先物9月限は、151円72銭で取引を開始。前日NY市場での米長期金利上昇を受けて売りが先行し、その後も来週の30年債入札を控えて売りが強まり、151円74銭から151円60銭まで下落した。流動性供給入札の結果は無難との見方からやや買いがみられた。現物債の取引では、全年限が売られた。



<米国債概況>

2年債は0.16%、10年債は0.69%、30年債は1.40%近辺で推移。

債券利回りはやや低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.42%、英国債は0.24%、オーストラリア10年債は0.93%、NZ10年債は0.65%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP改定値(前年比予想:-15.0%、速報値:-15.0%)

・18:00 ユーロ圏・6月貿易収支(5月:+94億ユーロ)

・21:30 米・7月小売売上高(前月比予想:+2.1%、6月:+7.5%)

・21:30 米・4-6月期非農業部門労働生産性速報値(前期比年率予想:+1.5%、1-3月期:-0.9%)

・22:15 米・7月鉱工業生産(前月比予想:+3.0%、6月:+5.4%)

・22:15 米・7月設備稼働率(予想:70.3%、6月:68.6%)

・23:00 米・8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:72.0、7月:72.5)

・23:00 米・6月企業在庫(前月比予想:-1.1%、5月:-2.3%)

・23:00 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答