欧州市場でドル・円は一時106円67銭まで下げたが、足元は106円70銭付近で推移。軟調地合いの欧米株価指数を手がかりに安全通貨のドルと円が買われ、ドル・円は円買いに押された。ドルと円の買いはいったん収束し、その他の主要通貨に対して小幅に値を戻している。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円67銭から106円80銭、ユーロ・円は125円74銭から126円11銭、ユーロ・ドルは1.1781ドルから1.1817ドル。