日経平均は9円高(12時45分現在)。日経平均寄与度では、NTTデータ<9613>、ファーストリテ<9983>、リクルートHD<6098>などがプラス寄与上位となっており、一方、KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>、第一三共<4568>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、倉庫運輸関連、その他製品、陸運業、サービス業が値上がり率上位、情報・通信業、ゴム製品、証券商品先物、医薬品、保険業が値下がり率率上位となっている。



後場に入って日経平均は、小幅高水準で小動きとなっている。外為市場で1ドル=108円20銭台と朝方に比べ10-20銭ほど円安・ドル高方向に振れていることなどが安心感となっている一方、週末ということもあり、積極的な買いは手控えられている。