21日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、104円30銭台でやや値を戻した。前週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での緩和姿勢を背景にドル売りが進みやすい地合いだが、足元で売りは一服。ユーロ・ドルの失速などで、ドル・円は小幅に押し上げられた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円27銭から104円58銭、ユーロ・円は123円64銭から123円94銭、ユーロ・ドルは1.1840ドルから1.1870ドル。