22日のアジア市場でドル・円は104円50銭近辺で推移。中国本土株式はさえない動きを見せており、想定内ではあるが、クロス円取引に絡んだ円買いが観測されている。ドルの上値は引き続き重いまま。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円46銭から104円75銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1774ドル、ユーロ・円は122円85銭から123円28銭。



■今後のポイント

・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性

・米中分断懸念

・米低金利政策の長期化