22日のアジア市場でドル・円は弱含み。前日は複数のネガティブ要因によりドルはリスクオフの買いで104円90銭近くまで浮上したが、本日アジア市場では失速。東京市場の休場で薄商いのなか、中国株安などでリスク回避的な円買いに押されドルは104円半ばに値を下げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円46銭から104円75銭、ユーロ・円は122円85銭から123円28銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1774ドル。



【要人発言】

・デベル豪準備銀行副総裁

「為替介入は可能性のある政策オプション」