22日午後の東京市場でドル・円は104円50銭付近と、動意の薄い値動き。前日みられたリスクオフのドル買いはいったん収束し、欧州やオセアニアの通貨は値を戻す展開に。その影響でクロス円も底堅く推移しており、ドル・円は下げが抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円46銭から104円75銭、ユーロ・円は122円85銭から123円28銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1774ドル。