25日午前の東京市場でドル・円は105円40銭台で推移。日経平均は160円高で推移しており、株高持続を意識してリスク回避的な円買いは抑制されている。中国本土株式の上昇に対する目立った反応は確認されていないが、アジア諸国の株高は円売り材料になるとの見方が多いようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円39銭から105円54銭、ユーロ・ドルは1.1667ドルから1.1679ドル、ユーロ・円は123円01銭から123円15銭。



■今後のポイント

・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性

・米中分断懸念

・米低金利政策の長期化



・NY原油先物(時間外取引):高値40.36ドル 安値40.13ドル 直近値40.33ドル