米国株式相場は反落。ダウ平均は131.40ドル安の27452.66ドル、ナスダックは32.28ポイント安の11085.25ポイントで取引を終了した。7月住宅価格指数が予想を上回ったほか、9月消費者信頼感指数が3月来の水準を回復したため寄り付き後、堅調に推移した。しかし、英国の新型コロナウイルス感染者数が一段と増加、さらに、収束傾向であったNY市の感染者数が6月来で最高に達したことが明らかになると警戒感から下げ幅を拡大する展開となった。セクター別ではエネルギー、銀行が下落した一方、半導体・同製造装置が買われた。




代替肉メーカーのビヨンドミート(BYND)は小売りのウォールマート(WMT)が同社製品の取り扱いを現状の800店舗から2400店舗に拡大することが明らかになり急伸。家具販売のRH(RH)はアナリストの投資判断引き上げが好感され上昇した。一方で、宝飾品のティファニー(TIF)は仏高級ブランド、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンによる同社に対する逆提訴が嫌気され軟調。また、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)で一部チームの集団感染が伝えられるとオンラインギャンブルのドラフトキング(DKNG)やペンナショナルゲーミング(PENN)などが軒並み下落した。ウイルス感染の拡大が懸念されカーニバル(CCL)、ロイヤルカリビアン(RCL)などのクルーズ運営会社も下落。




11月大統領選挙を控え、初めての米大統領候補TV討論会が29日、オハイオ州クリーブラントで開催される。








Horiko Capital Management LLC