29日の米国市場では、NYダウが131.40ドル安の27452.66、ナスダック総合指数が32.28
pt安の11085.25、シカゴ日経225先物が大阪日中比70円安の23450といずれも下落し
た。30日早朝の為替は1ドル=105円60-70銭(昨日大引け時は105.57円付近)。本日の
東京市場では、米SOX指数高から東エレク<8035>、キーエンス<6861>の堅調が予想され
る。昨日大引けでのストップ高比例配分となったNTTドコモ<9437>はNTT<9432>によるT
OB価格3900円にサヤ寄せして大幅上昇が濃厚。増資報道で売られたANA<9202>も一旦反
発が期待できよう。反面、米長期金利低下から三菱UFJ<8306>など大手金融株の軟化が
予想され、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>といった指数寄与度の大きい
銘柄もさえない動きを強いられよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが
観測されたUTグループ<2146>、TIS<3626>、NRI<4307>、日本ペイントホールディング
ス<4612>、オービック<4684>、トレンドマイクロ<4704>、富士電機<6504>、富士通<67
02>、ソニー<6758>、TDK<6762>、日本ユニシス<8056>、SGホールディングス<9143>な
どに注目。