日経平均は220円安(9時15分現在)。米国株安を受けた今日の東京株式市場は売りが先行した。11月に入り昨日までに日経平均が3000円を超す上げとなっており、利益確定売りが出やすく、また、外為市場で1ドル=104円10銭台と昨日15時頃の水準から30-40銭ほど円高・ドル安に振れたことも上値抑制要因となった。一方、FRBによる金融緩和を見込む向きもあり相場の先高観は強いものの、寄付き段階では売りが優勢だった。