NY外為市場では大詰めを迎えた通商交渉で、英国と欧州連合(EU)の合意期待にポンド買いが優勢となった。欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は「通商交渉は決断の時期に入った」と言及。英国のグレン財務省経済長官はブルーンバーグとのインタビューで、「合意のない離脱に向けて取り組んでいない」と主張した。



ポンド・ドルは1.3327ドルから1.3393ドルまで上昇。ポンド円は139円18銭から139円76銭まで上昇した。ユーロ・ポンドは0.8929ポンドから0.8890ポンドまで下落した。