20日の米国市場では、NYダウが257.86ドル高の31188.38、ナスダック総合指数が260.0
7pt高の13457.25とそろって史上最高値で終了し、シカゴ日経225先物は大阪日中比210
円高の28700。21日早朝の為替は1ドル=103.50-60円(昨日大引け時は103.75円付
近)。本日の東京市場では、昨日上場来高値を更新した東エレク<8035>をはじめとす
る電子部品株の高値追いが予想され、海外勢買いの観測があるアドバンテス<6857>、
ローム<6963>、TDK<6762>などの値上がりが期待できよう。また、シカゴ日経225先物
高を受けてファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>をはじめ
とする日経平均の高構成銘柄も上伸しよう。昨日大引け後の情報開示銘柄ではキヤノ
ンマーケティングジャパン<8060>、GenkyDrugStores<9267>などの値上がりが期待でき
よう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された山崎製パン<2212
>、サントリーBF<2587>、味の素<2802>、東洋水産<2875>、ライオン<4912>、新日本製
薬<4931>、大同特殊鋼<5471>、アルバック<6728>、キーエンス<6861>、日本マイクロ
ニクス<6871>、伊藤忠<8001>、丸紅<8002>、三井物<8031>、三菱商<8058>などに注
目。