午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円50銭近辺で推移。、日本政府は、新型コロナ対策でオリンピックの中止が必要との非公式に結論したとタイムズ紙の報道としてロイターが報じている。



一方、東京株式市場は日経平均が164.88円安と反落している。オリンピック中止の報道や、指数に寄与度の高い、ファーストリテイリング<9983>やソフトバンクG<9984>がマイナスで推移していることかが上値を重くしているようだ。