NY外為市場では利回りの低下に伴いドル買いが一段落した。朝方は欧州通貨売りに対し、ドル買いが加速。ドル・円は104円18銭まで上昇後、104円00−05銭で伸び悩んだ。ユーロ・ドルは1.2120ドルから1.2059ドルまで下落後、1.2105ドルまで反発。



米国債相場は株安を警戒し上昇。米10年債利回りは1.02%から1.00%まで低下した。ダウ平均株価は一時584ドル安となった。