4日午前の東京市場でドル・円は底堅く推移し、107円付近の水準を維持した。日経平均株価は大幅安となり、日本株安を嫌気した円買いが主要通貨を下押ししている。ただ、米10年債利回りは高水準を維持しドルは売りづらく、対円では小幅に値を上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円97銭から107円10銭、ユーロ・円は128円98銭から129円14銭、ユーロ・ドルは1.2044ドルから1.2067ドル。



【経済指標】

・豪・1月貿易収支:+101.42 億豪ドル(予想:+68.50億豪ドル、12月:+71.33億豪ドル←+67.85億豪ドル)



【要人発言】

・メルケル独首相

「ロックダウンを段階的に解除する道筋を探る」