大木ヘルスケアホールディングス<3417>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年5月14日に執筆されたものです。最新の決算情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



大木ヘルスケアホールディングス<3417>



3ヶ月後

予想株価

820円



医薬品等卸売販売の大木の親会社として設立された持株会社。医薬品等の製造・卸・小売を展開。メーカー部門で小売のPB商品の開発受託行うほか、小売部門でアンテナショップ的な役割として奈良にドラッグストアを運営。



17.3期は一般用医薬品などが好調に推移、コスト低減も奏功し、増収・大幅増益。18.3期は調剤薬局やコンビニなどへ販路の拡大見込み、連続増益予想。株価指標は割安であり、株価は業績改善を評価し、上伸へ。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/226,800/1,350/2,000/970/69.20/13.00

19.3期連/F予/230,000/1,450/2,050/1,000/71.30/13.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/05/14

執筆者:TH

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索