クレオ---増収となるも、受託開発事業の案件失注により減益で着地

クレオ<9698>は31日、2018年3月通期第1四半期(2017年4月-2017年6月)連結決算を発表した。売上高は前期比6.5%増の25.77億円、営業損失は1.15億円(前年同期は1.18億円の営業損失)、経常損失は1.11億円(同1.01億円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は1.27億円(同1.27億円の純損失)だった。



セグメント別では、既存大手顧客からの大型案件失注により、受託開発事業の売上高が前期比37.1%減の1.72億円、営業利益は同76.7%減の0.04億円となった。一方、システム運用・サービス事業では、国内大手ポータルサイト事業者からの案件受注増により売上高が前期比21.3%増の4.79億円、営業利益は同21.3%増の0.84億円となった。



2018年3月通期連結業績については、売上高が前期比8.1%増の125.00億円、営業利益が同34.8%増の4.00億円、経常利益が同22.9%増の4.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同3.9%増の2.80億円としている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索