石原ケミカル<4462>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



石原ケミカル<4462>



3ヶ月後

予想株価

1,950円



電子部品用めっき液で国内トップシェア。界面科学の高い技術が強み。金属ナノ粒子など新規電子材料の事業化加速。一般電子部品用めっき液は需要堅調。車載関連や大型テレビ向けが伸びる。18.3期1Qは大幅増益。



機能材料加工品は有機EL製造装置向け加工部品が好調。自動車用化学製品等はエアコン洗浄剤が販売堅調。18.3期通期は2桁増益見通し。1Q決算は好材料。収益拡大期待や割安感の強さから株価は年初来高値更新へ。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/14,900/1,070/1,130/820/109.92/32.00

19.3期連/F予/15,300/1,170/1,230/890/119.30/32.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/30

執筆者:YK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索