フォーカス Research Memo(7):流動比率が上昇し短期的な安全性が向上

■フォーカスシステムズ<4662>の業績動向



2. 財務状況と経営指標

2017年3月期末と2016年3月期末の貸借対照表を比べると、流動資産の増加、流動負債の減少により流動比率が208.1%と上昇し、短期的な安全性が向上した。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索