フォーカス Research Memo(9):セキュリティ機器関連事業、自社製品を伸ばし継続的な業績向上を図る

■中長期の成長戦略



フォーカスシステムズ<4662>は公共関連事業、民間関連事業の好調さを維持するだけでなく、フォレンジック関連のソリューションの売上げを増やしセキュリティ関連機器事業の売上げを増やすこと、ビーコンなどIoT関連機器の自社独自開発の売上高を増やすことで、公共・民間・セキュリティ・自社独自製品の4本柱としたいとの考えである。事業ポートフォリオのバランスの均等化を図ることで、公共関連事業、民間関連事業の成長が落ち着いても、経済状況に左右されず継続的な業績向上が可能な事業構造を狙うとのことである。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索