フォーカス Research Memo(10):配当性向は30%近辺をキープ

■株主還元策



フォーカスシステムズ<4662>では、株主に対する利益還元を経営の重要課題の1つと認識しており、各決算期における経営成績、財政状態、配当性向などを総合的に勘案し、今後の事業展開に備えるための内部留保資金の確保に留意しつつ、安定的な配当を継続する方針としている。



この方針に基づき、2017年3月期の配当金は、1株当たり12.5円となり、配当性向は31.4%(前期比1.4ポイント上昇)となった。なお、2018年3月期の配当金は、2017年3月期と同様1株当たり12.5円で、配当性向33.3%を見込んでいる。



また、貯まったポイントにより好きな商品に交換ができる株主優待ポイントを2017年3月末現在の株主を対象に開始しており、中長期的に保有して頂ける株主の増加を図っている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索