新興市場銘柄ダイジェスト:アカツキが反発、プラッツは急伸

<3464> プロパティAG 1424 +77

大幅続伸。前日に18年3月期第1四半期(4-6月)決算と同時に株主優待制度の導入を発表。毎年9月末時点で100株(1単元)以上を保有する株主を対象として、クオカード3000円分を贈呈するという。同社の18年3月期第1四半期営業利益(非連結)は前年同期比62%減益の1.9億円での着地となったものの、株主に対する積極的な還元姿勢が好感された。



<7813> プラッツ 3400 +260

急伸。前日に17年6月期の通期予想の上方修正を発表。当期純利益は3.00億円から3.3億円へと引き上げた。福祉用具流通市場の需要回復や17年1月に発売した介護用電動ベッド「Rafio(ラフィオ)」の売れ行き好調に加え、高齢者施設向けの新規開拓強化などが寄与。投資利益及び為替差益について、期初計画比で増額を見込んでいることも要因に。



<4369> トリケミカル 3035 +35

反発。直近戻り高値とのダブルトップ形成後は、強弱感が対立しているが、25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲上限での攻防が続いており、来週には雲のねじれ局面に到達することにより、トレンドが出やすい周期となる。遅行スパンは直近戻り高値を通過しており、今後実線が下がることもあり、上方シグナルが継続する。



<3932> アカツキ 9760 +330

反発。直近リバウンド後は25日線を上回っての推移をみせているが、次第に煮詰まり感が台頭してきている。引き続き「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の人気に関心が集まっているが、米国App Storeの売上ランキングで、強豪を抑えて首位を獲得したと伝えられている。



<8787> UCS 1300 +134

急伸。一時、前日比234円高の1400円まで上昇。伊藤忠<8001>子会社のGIT社やユニファミマ<8028>の子会社が共同で、ポケットカード<8519>に対するTOBを3日の大引け後に発表。これを受けて、ユニファミマ傘下のクレジットカード会社である同社に思惑的な買いが向かったようだ。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索