千葉銀行---1Q決算、業績予想に対し順調な進捗

千葉銀行<8331>は3日、2018年3月期第1四半期(17年4-6月)決算を発表。連結経常利益が前年同期比8.6%減の242.82億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同7.7%減の170.32億円だった。



単体の業務粗利益は、役務取引等利益の増加を主因に、前年同期比2.31億円増加し407.42億円となった。また、経費が同2.22億円減少したことから、業務純益は同4.53億円増加し199.86億円となった。一方、経常利益は、与信関係費用の戻入額の減少などにより、同13.70億円減少し249.00億円、四半期純利益は同6.46億円減少し185.06億円となった。



当第1四半期末の連結総資産は140,339億円だった。預金は前年度末比 953億円増加し116,459億円、貸出金は同1,494億円増加し94,182億円となった。



2018年3月期連結業績予想については、経常利益が前期比0.5%増の780.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.5%増の530.00億円とする期初予想を据え置いている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索