中央倉庫<9319>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



中央倉庫<9319>



3ヶ月後

予想株価

1,200円



京都地盤の物流会社。倉庫や運輸、国際貨物などの業務を行う。東京地盤の安田倉庫と提携。新梱包場が17年8月に竣工。京都の倉庫改築は来春完成へ。中計では19.3期に営業益17億円目指す。17.3期は営業増益。



16年2月に竣工した金沢倉庫の貢献で保管残高が増加。運送は保管外貨物が伸びる。国際物流も新梱包場の貢献などでしっかり。労務費増を吸収。18.3期は小幅ながら利益続伸へ。株価は年初来高値突破を目指すと想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3連/F予/25,200/1,620/1,780/1,160/60.98/22.50

19.3連/F予/25,700/1,680/1,840/1,200/63.08/22.50

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/24

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索