日本駐車場開発<2353>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



日本駐車場開発<2353>



3ヶ月後

予想株価

200円



サブリースによる月極め駐車場や時間貸し駐車場の運営が主力。海外にも積極進出。カーシェアやスキー場の運営も手掛ける。M&Aに前向き。16年春に那須の遊園地運営会社を1円で買収。17.7期3Qは大幅増収増益。



駐車場は堅調。少雪の中でスキー場も上向く。新規連結の遊園地運営会社も貢献。17.7期は営業最高益更新へ。連続増配。18.7期は降雪平年並み前提に利益続伸を予想。株価は15年高値を目標にジリ高の展開を想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

17.7連/F予/22,000/3,000/3,000/1,900/5.64/3.75

18.7連/F予/24,500/3,500/3,500/2,300/6.83/4.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/27

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索