わらべや日洋ホールディングス<2918>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



わらべや日洋ホールディングス<2918>



3ヶ月後

予想株価

3,360円



米飯類を軸に惣菜や和菓子などを製造。チルド製品に強い。売上の大半が筆頭株主のセブン−イレブン向け。ハワイで現地セブン向けの新工場建設へ。中計では20.2期に経常益61億円目指す。18.2期1Qは増収増益。



セブンイレブンの店舗数拡大が追い風。15年に稼働した岩手工場も軌道に乗る。本社移転費用や人件費増をこなし、18.2期も二桁営業増益へ。ハワイ新工場は19年11月に稼動予定。株価は15年高値を目指すと想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.2連/F予/221,000/4,600/4,700/2,500/142.55/40.00

19.2連/F予/228,000/5,100/5,200/3,100/176.76/45.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/27

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索