岡山製紙<3892>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



岡山製紙<3892>



3ヶ月後

予想株価

600円



王子HD系の中堅製紙会社。岡山県地盤。中芯原紙・紙管原紙を主体とした厚紙と美粧段ボールが主力。3月22日の臨時株主総会で一部株主が求めた社長解任と自社株買いは否決。17.5期は原料古紙価格急騰で後半失速。



18.5期前半は原料古紙価格急騰の影響が残る。燃料費高も重石。ただ美粧段ボールの需給堅調。値上げや効率化などで後半に挽回期す。利益の回復緩慢も通期では増収増益確保へ。配当維持。株価は横ばい圏の推移を想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.5単/F予/9,200/65/100/65/13.22/12.00

19.5単/F予/9,300/100/130/80/16.27/12.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/27

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索