三菱マテリアル<5711>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年7月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



三菱マテリアル<5711>



3ヶ月後

予想株価

4,000円



非鉄大手。銅の精錬・加工やセメント、電子材料、アルミ製品などを手掛ける。川上強化で海外の銅鉱山にも出資。中計では20.3期に営業利益820億〜1000億円を目指す。17.3期は銅価格の下落などが響き苦戦。



銅価格の底入れで金属事業が上向く。超硬工具復調。セメントは米国向けが伸びる。前期に買収した北欧の伸銅品大手も上乗せ。18.3期は営業増益復帰へ。増配。環境対策関連で特損計上。株価は年初来高値目指すと想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3連/F予/1,570,000/65,000/68,000/28,000/213.77/80.00

19.3連/F予/1,650,000/70,000/73,000/38,000/290.12/80.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/31

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索