ヘリオス テクノ ホールディング---1Qは売上高が28.32億円、通期は2ケタ増収営業増益を見込む

ヘリオス テクノ ホールディング<6927>は4日、2018年3月期第1四半期(17年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比46.8%減の28.32億円、営業損失が2.01億円(前年同期は8.31億円の利益)、経常損失が2.07億円(同8.11億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失が2.75億円(同5.54億円の損失)だった。



ランプ事業では、売上高が同10.6%増の7.82億円、セグメント利益が同273.9%増の0.19億円となった。露光装置用光源ユニットの売上が順調に伸びているため、紫外線ランプが増収、またLEDを含む一般照明用ランプは、ほぼ前期並みとなった。



製造装置事業では、売上高が同71.4%減の10.72億円、セグメント損失が1.62億円(前年同期は8.86億円の利益)、当四半期末の受注残高は150.26億円となった。計画通りの進捗であるが、大型受注を得ているインクジェット精密印刷機については、第2四半期に売上計上となる予定、また、露光装置用光源ユニット装置は計画通り好調に推移した。



人材サービス事業では、売上高が同14.2%増の9.90億円、セグメント利益が同14.1%増の0.53億円となった。技術者派遣、設計請負は安定した業績で推移し、製造派遣は派遣者数の増加に努めた。



2018年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比27.9%増の219.00億円、営業利益が同29.8%増の18.00億円、経常利益が同23.6%増の17.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.8%増の12.00億円とする期初計画を据え置いている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索