スルガ銀---大幅続落、カードローン残高の減少など貸出金利回り低下懸念で

スルガ銀<8358>は大幅続落。先週末に第1四半期決算を発表、純利益は107億円となり、通期計画に対する進捗率は25%となっている。決算数値はほぼ市場予想線とも捉えられる。ただ、貸出金利回りが3.58%と、前年同期の3.59%や17年3月期通期の3.62%に比べて低下に転じていることがネガティブ視されている。6月末のカードローン貸出残高は3月末比で減少しており、今後も利回りの低下が続くと懸念されているもよう。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索