RIZAPグループ---自治体との健康増進プログラム第2弾を奈良県五條市にて開始へ

RIZAPグループ<2928>は7日、子会社RIZAPが健康寿命延伸を目指す地方自治体との共同による健康増進プログラム第2弾を奈良県五條市にて開始すると発表した。



同プログラムは、RIZAPが累計会員数8万人のパーソナルトレーニングで得たデータを分析し、成功結果の因果関係を解明し開発したRIZAPメソッドを高齢者向けに導入したもので、新しい健康寿命延伸の指標作りを目指した取り組みである。

同プログラムの実施期間は3ヶ月で、終了後には身体的変化のみならず健康に関する心理的変化や体力年齢も数値化し、プログラム効果の徹底した検証も行う予定。



また、今回初の取り組みとして、RIZAPが地域で活躍するアクティブな高齢者を中心に介護予防を展開し、高齢者向けの雇用創出や、地域住民自身が地域の課題を解決する仕組みを五條市と共同で構築する。最終的にはアクティブな高齢者に対してトレーナーとしてのスキルを教育し、「元気リーダー」として五條市より認定を受ける。介護予防に対して指導できる人材を育成することで、プログラム実施期間終了後も住民同士で継続して健康の輪を広げる取り組みに寄与していく。



国民医療費が膨らみ続けるなか、同社の取り組みへの関心は高く、既に複数の自治体とプログラム開始の検討に入っているとのこと。同社は引き続き、1,700を超える全国の市町村を対象に本プログラムの提供を進め、約3,400万人を超える65歳以上のシニア世代への健康増進の支援へ貢献をしていく考え。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索