全国保証---1Qは営業利益が前年同期比12.2%増、JA3組合と契約締結

全国保証<7164>は4日、2018年3月期第1四半期(17年4-6月)決算を発表。営業収益が前年同期比6.5%増の72.90億円、営業利益が同12.2%増の51.65億円、経常利益が同8.9%増の53.88億円、四半期純利益が同25.1%増の37.56億円だった。



「事業規模の拡大」ならびに「企業価値の向上」の課題を中心に各種施策に取り組んだ。事業規模の拡大は、既存提携金融機関の同社保証の利用率向上および未提携金融機関との新規契約締結に注力した。既存提携金融機関の同社保証の利用率向上は、同社保証商品についての説明会や営業店への訪問活動など継続的な取引深耕に加え、付加価値向上への取り組みとして金融機関との申込データ連携システムを開発し、導入に向けた取り組みを行った。一方、未提携金融機関との新規契約締結は、継続的な営業活動を展開した結果、当第1四半期累計期間においてJA3組合と契約締結に至った。



企業価値の向上は、システムを利用した審査業務の効率化に向けた取り組みを進めたほか、働き方改革の推進や人材育成に重きを置いた新たな人事制度の構築に取り組むなど活力ある企業風土の醸成に努めた。



2018年3月期通期の業績予想は、営業収益が前期比6.4%増の382.30億円、営業利益が同2.3%増の287.90億円、経常利益が同2.0%増の295.70億円、当期純利益が同4.2%増の203.50億円とする期初計画を据え置いている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索