シノケングループ---2Qは2ケタ増収増益、各セグメント増収と順調に推移

シノケングループ<8909>は9日、2017年12月期第2四半期(17年1月-6月)連結決算を発表。売上高が前年同期比35.5%増の493.86億円、営業利益が同24.3%増の64.30億円、経常利益が同30.1%増の60.21億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同35.4%増の24.15億円と2ケタ増収増益となった。



不動産販売事業の売上高は前年同期比38.8%増の365.67億円、セグメント利益は同22.5%増の55.99億円となった。アパートの販売(引渡し)は前年実績を上回るペースで推移し、マンション販売では、首都圏において投資用に特化したデザイナーズ物件の販売が順調に推移した。



不動産管理関連事業の売上高は前年同期比22.9%増の50.09億円、セグメント利益は同31.2%増の7.75億円となった。賃貸管理では、広告活動やリーシング力の強化により入居促進に努めた。分譲マンション管理では、管理物件の資産価値の維持・向上および管理組合向けサービスレベルの向上に努め、当賃貸管理、分譲マンション管理ともに順調に増加した。



ゼネコン事業の売上高は前年同期比30.1%増の65.30億円、セグメント利益は同9.4%減の7.18億円だった。法人・個人・官公庁の既存顧客に加え、新規顧客開拓の強化が奏功し、新規受注が獲得できたほか、受注済みの請負工事の進捗も順調に推移した。



エネルギー事業の売上高は前年同期比38.7%増の6.17億円、セグメント利益は同10.5%増の1.27億円だった。LPガス供給世帯数は当第2四半期末において22,658世帯となり順調に増加した。



介護事業の売上高は前年同期比18.2%増の5.86億円、セグメント利益は同63.5%減の0.24億円となった。サービス付き高齢者向け住宅、通所介護(デイサービス)施設、認知症対応型グループホーム及び小規模多機能型居宅介護を保有し運営を行い、入居率の維持・向上と介護関連サービスの更なる充実に努めた。



2017年12月期通期の連結業績については、売上高が前期比29.2%増の1,050.00億円、営業利益が同10.7%増の117.00億円、経常利益が同11.2%増の110.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が17.1%増の78.00億円とする期初計画を据え置いている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索