キトー---1Q売上高、各利益とも、期初計画通り順調に推移

キトー<6409>は9日、2018年3月期第1四半期(2017年4月-6月)連結決算を発表。売上高は前年同期比15.5%増の119.19億円、営業利益は同4.1%減の5.38億円、経常利益は同53.1%増の3.51億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同43.7%増の3.88億円となった。



日本では、売上高が前年同期比5.7%増の59.28億円、営業利益が同5.5%増の12.02億円となった。好調なインフラ関連向け投資需要を着実に捉えたこと、グローバルでの設備投資需要が顕在化し輸出が堅調だった。



米州では、売上高が前年同期比4.3%増の54.86億円、営業損失が0.78億円(前年同期は0.10億円の利益)だった。天然資源マーケットが低調に推移するものの、堅調な設備投資関連の需要を捉えた。また、新基幹システム導入による償却費等を計上した。



中国では、売上高が前年同期比8.9%増の14.04億円、営業利益が同5.1%増の1.56億円だった。景気減速にも歯止めが掛かり、低調に推移していた需要にも底打ち感が見えた。



アジアでは、売上高が前年同期比29.4%増の8.12億円、営業損失が0.16億円(前年同期は1.07億円の損失)となった。韓国ではフラットパネルディスプレイ業界向けのクリーンルーム用クレーンなどの需要を引き続き捉えた。その他アジア地域では、サービス事業、ホイスト販売の強化に注力した。



欧州では、売上高が前年同期比72.2%増の4.89億円、営業損失が0.06億円(前年同期は0.18億円の損失)となった。ドイツを中心とした設備投資需要の高まりを受けた。



2018年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比3.6%増の530億円、営業利益が同4.5%増の44億円、経常利益が同13.9%増の37億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同31.7%増の25億円とする期初計画を据え置いている。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索