スリープロG Research Memo(4):2017年10月期第2四半期は5つのサービスですべてが業績好調

■業績動向



1. 2017年10月期第2四半期の業績概要

スリープログループ<2375>の2017年10月期第2四半期の連結業績は、売上高で前年同期比22.3%増の6,871百万円、営業利益で同29.2%増の241百万円、経常利益で36.4%増の254百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益で同46.5%増の160百万円となり、増収増益となった。



売上面では、5つのサービスでそれぞれが増収となったが、特にコンタクトセンター事業とテクノロジー事業の増分が大きかった。コンタクトセンター事業では、過去のM&Aにより「東京・大阪・福岡・熊本」の4拠点体制となり、全国での運営能力・キャパシティが向上した。また、IT周辺のヘルプデスクのニーズは底堅く、安定成長に貢献した。テクノロジー事業の成長は、2016年9月にM&Aにより子会社化したヒューマンウェアが主要因である。



利益面では、売上原価率を前年同期比0.1ポイント改善し、販管費も0.1ポイント改善し、営業利益率を0.2ポイント上げた。拠点の合理化や徹底した費用の見直しを実施したことがBPO事業の収益性を向上させたのに加え、コワーキングスペース事業においても規模拡大に伴い収益性を高めた。



2. 財務状況と経営指標

2017年10月期第2四半期末の総資産は前期末比270百万円増の4,878百万円となった。そのうち流動資産は167百万円増の3,514百万円であり、主な要因は受取手形及び売掛金の増加315百万円である。固定資産は102百万円増の1,364百万円であり、主な要因は有形固定資産の増加143百万円である。



負債は前期末比95百万円増の2,411百万円となった。そのうち流動負債は157百万円増の2,111百万円であり、主な要因は、買掛金の増加74百万円、賞与引当金の増加48百万円である。固定負債は61百万円減の300百万円であり、主な要因は社債の減少55百万円、長期借入金の減少28百万円である。



純資産は前期末比174百万円増の2,467百万円となった。主な要因は親会社株主に帰属する四半期純利益の160百万円計上である。



経営指標(2017年10月期第2四半期末)では、流動比率が166.4%(前期末171.2%)、自己資本比率が49.8%(同49.1%)であり、財務基盤の安全性に変化はない。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索