京都銀行<8369>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年8月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



京都銀行<8369>



3ヶ月後

予想株価

1,250円



京都府地盤の地銀。17年3月末の自己資本比率(国内基準)は12.0%と健全。中計では20.3期に最終利益200億円以上を目指す。証券子会社が17年5月に開業。信託業務参入も検討。18.3期1Qは最終増益。



低金利が響くもボリューム増で補う。17年8月に滋賀県守山に支店開設。証券子会社は預り資産拡大に全力挙げる。18.3期は最終増益を確保へ。保有する任天堂株上昇が株価の支援材料に。株価は高値追いの展開を想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3連/F予/110,500/0/26,000/18,700/49.47/12.00

19.3連/F予/111,000/0/26,500/19,000/50.26/12.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/08/02

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索