ケーヒン<7251>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



ケーヒン<7251>



3ヶ月後

予想株価

1,800円



ホンダ系最大の自動車部品メーカー。燃料供給システムや電子制御ユニットなどを手掛ける。売上の約85%がホンダ向け。インドの環境規制対応で現地に二輪車部品の新工場を建設(19年稼働)へ。17.3期は大幅増益。



北米が自動車向け製品の数量減や販価下落で低調。減価償却費増に加え、自動車電動化に向けた研究開発費が重石に。合理化で補いきれず、18.3期は利益足踏みか。ただ会社計画は慎重な印象。株価は戻り試す展開を想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3連/F予/320,000/19,500/19,400/11,000/148.73/40.00

19.3連/F予/330,000/21,000/10,900/12,000/162.25/40.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/08/03

執筆者:JK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索