東急建設<1720>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



東急建設<1720>



3ヶ月後

予想株価

900円



東急グループの建設会社。持分法適用会社に道路舗装の世紀東急工業。渋谷再開発案件の手持ち工事豊富。建築部門は国内民間向け受注が伸長。18.3期1Qは業績伸び悩む。受注好調も、完成工事総利益の減少等が響く。



渋谷再開発案件は本格化。18.3期上期利益予想を上方修正。工事採算向上による完成工事総利益の増加を見込む。PBR考慮なら株価の上値余地は限定的。業績見極めムードが台頭しており、当面の株価はもち合いか。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/316,000/18,700/19,900/14,500/135.88/26.00

19.3期連/F予/318,000/19,700/20,900/15,200/142.44/26.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/10/10

執筆者:YK

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索