エイジア Research Memo(5):無借金経営で財務内容は良好

■業績動向



3. 財務状況と経営指標

エイジア<2352>の2018年3月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比34百万円増加の1,539百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現金及び預金が44百万円増加した一方で、受取手形及び売掛金が39百万円減少した。また、固定資産では無形固定資産が28百万円増加した。



一方、負債合計は前期末比15百万円減少の283百万円となった。流動負債では前受収益が13百万円減少し、固定負債では株式給付引当金が5百万円増加した。また、純資産合計は前期末比49百万円増加の1,255百万円となった。剰余金の配当で51百万円の減少要因となったが、親会社株主に帰属する四半期純利益97百万円を計上したことが増加要因となった。



経営指標を見ると、安全性を示す自己資本比率は81.1%と引き続き高水準を維持しており、有利子負債もないことから財務の健全性は高いと判断される。今後も大きな資金需要はないことから、引き続き財務内容は良好な状態が継続するものと見られる。M&Aやアライアンス等の投資については引き続き検討しているが、規模的には手元キャッシュで賄える範囲で考えている。なお、同社は発行済株式総数の8.9%を自己株式として保有(ESOPを除く)しているが、同株式については今後M&Aを実施する際などに活用していくことを考えている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索