エイジア Research Memo(8):AIエンジンを活用した実証実験プロジェクトを開始

■今後の見通し



3. クロスチャネル対応マーケティングプラットフォームの構築に向けて

エイジア<2352>は中期経営ビジョンとして、「クロスチャネル対応マーケティングプラッ
トフォーム」の構築を実現していくことを最重要課題として取り組んでいる。「クロスチ
ャネル対応マーケティングプラットフォーム」とは、消費者が欲しい情報を、最適なタイ
ミング、かつ最適なチャネル(メール、LINE、SMS、アプリ、電話、DM等)で配信すること
を実現するマーケティングオートメーションシステムの進化版を指す。最適なタイミング
やチャネルを判別するために、消費者データ(ビッグデータ)を収集し、AI技術を用いて
迅速に分析・整理し、運用できるプラットフォームを今後3年かけて開発していく計画とな
っており、2020年3月期のサービス開始を目指している。



AI技術に関しては専門企業の技術を活用して行く方針で、2015年にはメタデータ(株)と資
本業務提携を締結して開発を進めているほか、2017年6月にはAI技術開発のベンチャーであ
る(株)ABEJAが提供するパートナーシッププログラムに参画し、ABEJAのAIエンジンを使っ
てマーケティングオートメーションの実証実験を11月より開始している。



実証実験では、マーケティングオートメーション機能で重要となる「最適化」に関する4つ
の変数(ターゲット、タイミング、チャネル、コンテンツ内容)のうち、タイミングとタ
ーゲットの2項目について検証を行っていく。タイミングではメールの配信時間の違いによ
る反応率の変化を、ターゲットではメール配信後の反応の違いを顧客属性(ターゲット)
ごとにAIエンジンを使って検証していく。今回は主要顧客3社と個別に約1週間の期間で実
証実験を行い、2017年内に実験結果を検証し、今後の製品開発に生かしていく考えだ。__N
EW_LINE__


AIエンジンに関してはメタデータとABEJAのいずれかを採用する方針となっている。ABEJA
についてはディープラーニング技術で優れているものの、パターンマッチングスピードに
ついてはメタデータのほうが優れている。今回の実証実験ではスピードは求めていないた
め、今後実証実験の回数を増やしていくなかで、最適なAIエンジンを採用することになり
そうだ。AIエンジンを搭載した高精度な「クロスチャネル対応マーケティングプラットフ
ォーム」が完成すれば、同社の収益けん引役に育つことが予想されるだけに、今後の動向
が注目される。



なお、マーケティングオートメーションシステムの市場は、米国で2010年以降に立ち上が
り、日本でも2014年に入って日本オラクル<4716>やセールスフォース・ドットコム
IBM(日本アイ・ビー・エム(株))などがサービスの提供を開始し、市場が立ち上がり始め
ている。市場調査会社の予測によれば、同市場は2015年(見込)の272億円から2020年には
559億円と年率14%増ペースで拡大する見通しとなっている。ここ数年、参入企業も増加し
競争が激化してきてはいるものの、同社では電子メール配信ベンダー大手としての強みを
生かすことでMA市場でのシェアを拡大していく考えだ。



また、AIエンジンを活用したソリューションサービスの市場についても、今後高成長が見
込まれている。なかでも同社の対象領域であるCRM/コールセンター市場では2016年の271億
円から2021年には1,092億円に、広告・マーケティング市場では2016年の237億円から2021
年には1,530億円とそれぞれ数倍規模へ成長する見通しとなっている。AI技術を活用したソ
リューションサービスをいかに早く開発、提供していけるかが、今後の成長性を大きく左
右するとも言える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索