東エレク---大幅続落、メモリ投資ピークアウト懸念で欧州系証券が目標株価下げ

東エレク<8035>は大幅続落。クレディ・スイス証券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を19700円から17600円に引き下げている。今後、サムスン電子の設備投資伸び悩みなど、今後メモリ設備投資の見直しが入る可能性が高く、今期業績は未達、来期も17%の営業減益を予想している。各社の19年設備投資計画が出揃う19年第1四半期までは悪材料出尽くしにならないと考えているもよう。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索