ケネディクス---急伸、第2四半期は想定比上振れで通期業績上方修正

ケネディクス<4321>は急伸。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は102億円で前年同期比49.2%増となり、売却益の計上が集中したこともあるが、50億円程度のコンセンサスを大きく上回った。また、通期予想は従来の123億円から140億円に上方修正、売却時のリターンが想定以上に増えたこと、計画以上に売却物件が増えたことを背景としている。なお、アセットマネジメント事業の収益は減少したものの、一過性の影響が大きいといった見方に。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索