ミロク情報 Research Memo(1):ERPシステムの販売好調により2019年3月期は8期連続最高益更新へ

■要約



ミロク情報サービス<9928>は、会計事務所及び中堅・中小企業向けに、財務会計・税務システムを中心とするERP(統合業務管理)システムを開発・販売する業界大手。新規事業としてファイナンス・ネット事業(事業承継支援サービス、bizocean、bizskyプラットフォーム等)を育成中。



1. 2019年3月期第2四半期累計業績

2019年3月期第2四半期累計(2018年4月-9月)の連結業績は、売上高が前年同期比11.8%増の15,530百万円、経常利益が同14.1%増の3,016百万円といずれも期初計画(売上高15,350百万円、経常利益2,710百万円)を上回り、半期ベースで過去最高業績を更新した。企業向けERPシステムの導入契約が新規需要、更新需要ともに活発で、前年同期比16.9%増と好調に推移したほか、ストック型ビジネスとなるサービス収入も契約件数の積み上げによって同5.0%増と順調に拡大したことが要因だ。同社が経営指標として重視しているシステム導入契約売上高※の第2四半期末受注残(単独ベース)も、6.19ヶ月と期首比で0.27ヶ月積み上がり、受注についても依然拡大が続いている。



※システム導入契約売上高=ハードウェア、ソフトウェア、ユースウェア売上高の合計。





2. 2019年3月期業績見通し

2019年3月期は売上高で前期比10.9%増の30,600百万円、経常利益で同13.0%増の5,000百万円と期初計画を据え置き、8期連続の増収増益を見込んでいる。ERPシステムの豊富な受注残を背景に、下期も業績は順調に拡大していくものと予想される。また、2021年3月期の経営数値目標(売上高500億円、経常利益率30%、ROE30%)を達成するための準備も進めていく。既存のERP事業ではパートナー事業の強化やグループ会社におけるシナジー最大化、収益構造改革に取り組む。子会社で展開している事業承継支援サービス事業はやや立ち上がりに苦戦しているものの、会計事務所との提携・連携を強化していくことで、早期の収益化を目指していく。



3. 今後の成長戦略

今後の成長戦略としては既存のERP事業の売上成長、収益性向上を推進していくと同時に、新たな収益柱としてファイナンス・ネット事業の育成に注力し、いずれの事業領域においてもシナジーが期待できるM&A案件があれば、前向きに検討していく方針だ。2020年3月期はERP事業の成長を中心に、2ケタの増収増益を目指し、2021年3月期の経営目標を射程圏に捉えることを目標とする。



■Key Points

・企業向けERPシステムの販売が既存・新規顧客ともに2ケタ増と好調に推移

・2020年3月期に2ケタ増収増益を目指すための事業基盤構築に取り組む

・2021年3月期に売上高500億円、経常利益150億円を目指す



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索