三栄建築設計<3228>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2019年2月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



三栄建築設計<3228>



3ヶ月後

予想株価

2,000円



一次取得者向け分譲住宅が主力。企画から建築までの一貫展開に強み。連結子会社にシード平和。昨年12月にベトナムの不動産開発会社と業務提携。中計では21.8期に経常益125億円を目指す。収益は4Qに偏重傾向。



19.8期は1Qに高額・高採算の販売用不動産売却で好発進。分譲住宅は首都圏などで販売堅調。シード平和の建築請負受注も伸びる。資材高をこなし、二桁増収増益へ。増配か。株価は指標面の割安感から戻り試すと想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

19.8連/F予/120,000/10,800/10,000/6,570/309.66/60.00

20.8連/F予/130,000/11,600/10,800/7,100/334.64/65.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2019/02/02

執筆者:JK


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索