アンジェス---エボラ出血熱抗血清製剤の開発が進展、動物による感染実験でウイルス感染による死亡阻止を確認

アンジェス<4563>は23日、DNAワクチン技術を用いたエボラ出血熱抗血清製剤の開発において、動物での抗ウイルス効果について良好な試験結果を得たことを発表。



同社は、DNAワクチン技術を応用したエボラ出血熱対策医薬品としての抗血清製剤開発を、カナダサスカチュワン大学と共同で進めている。

今回、サスカチュワン大学で本抗血清から精製した抗体を用いた動物による感染実験を実施、ウイルス感染による死亡を阻止することが確認された。この結果は、本抗血清が治療薬として十分に機能することを再確認したとしている。



同社は今後、臨床試験の実現を目指して前臨床試験を進め、エボラ出血熱抗血清製剤の早期実用化に向けて開発を進めていく考え。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索